婚活でモテる女がしている3つのコト♡婚活バー店員に聞く<モテの秘訣♥>

恋愛

一日あたりの平均マッチング数は200を超えるという大阪・梅田随一の『シングルスバー TIARA』にて、累計30万人以上の出会いを繋いできたマッチングのスペシャリストに聞く、『モテの秘訣シリーズ』第二弾♡

早くも人気を集める『モテの秘訣シリーズ』第二弾では、「なぜ私はモテないのか」と自問する女性の声を代表し、Bellcor編集部が<モテる女の3か条>について詳しく調査してきました!

本当はチヤホヤされたい!恋活・婚活したい女子へ

10代から20代前半までの学生時代はそれとなくお付き合いしてきた人もいた。

けれど、20代後半になってからというもの、働きだしてめっきり出会いが減り、それと比例するかのようにモテなくなった自分。

職場ではただの同僚という目線でしか見られないし、紹介や出会いの場に出向いてもいい出会いがないと嘆いている心の中では…

「私だってチヤホヤされたいしモテたい!」と叫んでいる女子も多いのでは。

本当にモテるためには努力が必要なのだと分かりつつも、何から手を出したらいいか分からないという迷える女子達は、恋活・婚活のハードルの高さにくじけがちです。

しかし、モテたいという気持ちがあれば、行動次第であなたもモテる女性へと変われるはずなんです。

そのためには、『モテる女の条件』を身につけていくことが大事!

ということで、モテる女の条件をチェックしていきましょう♪

出会って15分で男性の心を掴む『モテる女の3か条』とは

大阪・梅田に位置する「シングルスバーTIARA」にてマッチングのスペシャリストとして活躍中の柳沼さんによる『モテの秘訣シリーズ』。

第一弾では、身だしなみにまつわるモテの極意について教えてもらいましたが、今回は“モテる女の3か条”として、男性が心を許せてその後も知りたい・繋がっていきたいと思える女性の特徴について伺いました。

「本気でモテたい」というすべての女性に贈る、初対面の男性と会うときに気を付けたい、モテの極意についてフォーカスしていきたいと思います!

<モテる女の3か条>その1:出会いを意識しない女

 

モテる女には、それなりに法則がきちんとあるらしい。

その一つが、「出会いを意識しない女」であることだと柳沼さんは指南します。

(柳沼さん※以下(柳))「当店では、独身の男女が出会うきっかけ作りとして、約15分間の相席時間を設けています。その際に男性から評判の良い女性の特徴がいくつかあるのですが、その1つが「出会いに対して意気込みすぎていない自然体な女性」です。」

出会いに意気込みすぎない自然体な女性…!?

いきなりハードル高し…という気配ダダ漏れですが、モテとは遠いキラキラ系女子じゃなくても出会いを意識せずモテることはできるのでしょうか…?

(柳)「男性と会う際、女性の温度感ってやはり人それぞれ違いますよね。その温度感のなかでどうしても起こりえることが、出会いに対して意気込みすぎているケース。」

(柳)「こんな風に言うと、出会いにきている女性に対して矛盾していると思われるかもしれないですが…
この場を楽しもうとしている人、今この状況のこの会話をみんなで楽しもうという意識の女性
のほうが気軽に接することができて、男性も安心するしいいなと思う人は多いですね。」

なんと…!出会いに来ているのに出会いに来ていないと感じさせる女性がモテるとは目から鱗。

いわゆる、男性との出会いに期待ばんばんしまくってる張り切り系女子とでもいいましょうか。

「彼氏ほしい。彼氏ほしい…!この人はなんだか違うからだめだ。はい次!次!!!」という前のめり感が隠しきれていない人は、NGということなのですね。

(柳)「今後付き合えるかどうか、結婚できる人かどうか、自分に値する男かどうかということは一旦除外するんです。恋活・婚活というものに捉われないこと。いまこの時間を楽しもうというスタンスでいることって、モテるうえで大事なポイントなんですよ。

『相手からの評価を意識しすぎないこと』ということは、ごくごく簡単な意識改善ですよね。

しかし、多くの女性は“気に入ってもらいたい”という気持ちが先行しがち。

先のことを意識しすぎてしまうがために、結果的に自身の視野を狭めてしまうなんてもったいない。

とりあえず連絡先を聞いて人脈を広げてみようというスタンスくらいのほうが、フラットで良いのかも。

結果的に、5年後には結婚相手になっていたり、良き飲み友達になっていたり、はたまたビジネスパートナーになっているかもしれないのですから♡

<モテる女の3か条>その2:相手を否定しない女

出会いを意識しないこと、まずは出会いの入り方について柳沼さんに指南して頂きました。

次のモテる女の3か条では、会話のシーンにおけるモテについて切り込んでいきたいと思います。

モテる女の3か条、続く2つめの項目は「相手を否定しない女」

(柳)「恋愛において相手に求める条件というのは、女性でも男性でも少なからずあると思います。例えば、結婚相手に求める条件であれば職業や年収が気になるでしょうし、仕事に対する姿勢や性格だって、自分の理想に近い人を求めますよね。」

はい、バリバリ求めます。だって、理想くらい持っていたいじゃないですか。

現実問題、そんな王子様みたいな人はいないと頭ではわかっているんですけどね。

(柳)「男性にも同じことがいえますが、理想の相手かそうじゃないかということを出会いの場で女性は判断しがちです。そういった女性は、自己評価も高めな傾向にあり、自分に見合うか見合わないかでジャッジしてしまう。初めて会う男性に対して、初見で“この人はちょっと思った感じの人じゃない”と否定に入ってしまう女性には、男性も一歩引いてしまいます。」

「恋人に求める条件?結婚相手に求める条件?そんなにないですよ!」という人に限って、実は男性に求める条件が細かいということもざらですよね。

ですが、やっぱり男性と出会う機会があれば、これからどんな男性がくるのか期待してしまうのが本音でしょう。

合コンなどでもそうですが、はじめの挨拶時点で「合わない」と感じるときってありませんか?

「今日は不発だわー」と思った時点で、戦い終了のゴングが早々に鳴りますよね。

意外と男性よりも女性のほうがあっさりしているのかもしれませんが、これこそがモテない女性の特徴でもあるそうです。

(柳)「多くの男性に受け入れられる女性というのは、相手を肯定的に捉えることができる人。当たり前ですが、挨拶や自己紹介から相手に(興味がなくても)いろいろと質問をして、話を広げてくれる女性は好感度も高めですし、自分に興味を持ってくれていると男性も嬉しくなります。」

興味がなくても聞くことが大事なのですね…!

(柳)「女性が思っているよりも、モテるということは意外と簡単なんです。
男性をよいしょする、聞き上手になってあげる
ということも出会いの場ではとっても大事なんですよ。あ、この人なんだかいいかもって思わせるんです。」

初めて会う男性の“人となり”は短い時間では判別できないものとは分かっていても、開始から短い時間で諦めムードに入ってしまいがちな女子は多いと思います。

求める条件とは少し違う気はするけれど、よくよく話してみたら共通の趣味が合った、実は優しくて家族思いな誠実な人だった、なんてこともあるかもしれません。

(柳)「あなたとの会話は時間の無駄です。だって私と付き合わないでしょ?という入り方はだめ。もしその人と付き合わなかったとしても、その時間は全く無駄な時間じゃないよ!っていうことを伝えたいですね。その時間を有意義にするかどうかは自分次第なんですから。」

初めて会ったその日に答えを出そうとせず、まずは出会いの入り口として間口を広く開けておくことこそが、モテる女の近道!

私の条件は天まで高いのよ、あなたたち男と釣り合うわけないわという意識高い系女子は、自分自身にとっても相手にとっても有意義な時間になるように接してみて♡

<モテる女の3か条>その3:気遣いができる女

モテる女の3か条、いよいよ最後の詰めのシーンでは、男性にめいっぱい良い印象を残すために「気遣いができる女」になろうというモテ指南です。

男性がリードしてくれるものだと決め込んで、すぐに戦闘力0になっちゃう無口系女子になっているという人はいませんか?

(柳)「初めて会う異性に対して、緊張しない人ってあまりいないでしょ?どちらかというと緊張してしまうという人が大半かと思います。」

はい、ガッチガチに緊張します。

(柳)「女性側が緊張するように、男性だって緊張するんですよ。何を喋ったらいいか分からないし、どういう風に話を広げたらいいか分からない人も。そういった時に、笑顔で会話を盛り上げられる、気遣いができる女性だったら男性はどう感じると思いますか?」

自分が男だったら「なにこの子…天使すぎる…優しすぎる…!あ、もう好き」ってなりますね!

(柳)「そういうことなんですよ。男性の心理を理解してあげること、それを上手に汲み取って行動できるかどうか、これがモテのカギなんです。」

勝手に理想の男性像を作り、男性とはこうあるべきだというフィルター越しで見ている女子は受け身になってしまいがち。

こちらが男性に出会いを求めるように、男性だって女性に対して出会いを求めていることは当然といえば当然なのですが、出会いの場では意外とこれが盲目になっちゃうんですよね。

気遣いは正義!!

あと、できれば会話をリードしてあげること以外に、気遣いテクニックが他にもあれば教えてほしいところですが。

(柳)「ごくごく簡単な気遣いでも男性は十分嬉しくなるものです。例えば、グラスの底についた滴を自然に拭いてあげたり、ゴミなどが出たりしたら代わりに捨ててあげたり。グラスが空になっていたら、次何飲まれます?と聞いてあげたり。」

上級テク…!!自然とできずに狙ってる感が出てしまっても大丈夫なものなのでしょうか?

(柳)「当然狙ってやる気遣いテクニックではありますが、やってあげるとこれが男性側としてはとっても助かるんです。よく気が利くなと。男性の心をくすぐるポイントになりますね。」

“私気遣いできますよ!”というアピールも、モテの一環としては実は重要なのですね。

(柳)「あえて無理にそんなことをする必要はないと思いますが、気遣いができる女性はモテるということは知っておいても良いと思います。」

男ウケに走って気遣いしたっていいじゃない!と背中を押してもらえるなら、あざとさも時としては必要なのかもと思えてきます。

気遣いテクニック、ぜひチャレンジしてみたいですね!

気遣いに慣れていないという人は、まずは身近な職場の飲み会などから自然に行えるように鍛えてみてはいかがでしょう?

有意義な出会いの時間になるかは自分自身にあり

累計30万人以上の男女の出会いをエスコートしている柳沼さんによる、男ウケに必要なモテの秘訣第二段をお届けしました。

男ウケしないと嘆いている人は、これまで出会いの中で行ってきた自身の立ち居振る舞いを今一度思い出し、今回のモテ指南から得たモテテクニックを駆使してみてはいかがでしょうか。

【男性と出会う時間を有意義にするかどうかは自分次第】という格言を胸に、いい女へとステップアップしていきたいところですね♡

『シングルスバー TIARA』の店舗情報♡

モテる身だしなみについて監修してくれた柳沼さんが働く「シングルスバー TIARA」の店舗情報です。

本店でこの記事or第一弾の記事を見せると、貴女のイメージに合わせて作ったオリジナルカクテルを1杯プレゼント中♡

お仕事終わりやお休みの日など、ライフスタイルに溶け込むように気軽にふらっと立ち寄れる場所なので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

  • 店舗:シングルスバー TIARA 本店
  • 住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル B1階
  • アクセス:地下鉄「梅田駅・東梅田駅・西梅田駅」・阪急「梅田駅」から地下直結
  • 営業時間:15:00~23:30
  • 料金:女性の場合/(月・火)100円(水・木)300円(金・土・日)500円
    (※フリードリンク付き・1日出入り自由のフリーパス)
  • 公式HP:http://www.tiara-umeda.com/

※既婚者の方はご利用頂けません。
※女性料金と男性料金は異なります。

関連記事はこちら

婚活Barスタッフに聞く!モテの秘訣♥<男ウケの良い身だしなみ編>

Bellcor公式

Bellcor編集部スタッフが執筆しています♡

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧