【美容師Interview vo.1 】“結婚に一番近い美容室”25niko代表『ASKA』さん

ピックアップ

記念すべきBellcorがピックアップする注目の美容師インタビューの第一弾は…!

大阪府高槻市にある美容室『25 niko』で代表を務めるASKAこと片岡飛鳥さん。

美容師の根本にある役割ややりがいである『人を美しくすること』ことをベースに、枠に捉われず美容師としての新たな道を切り開いていくその姿をうかがいました。

Profile

【ASKA/片岡 飛鳥】

1984年生まれ、大阪府高槻市出身。

美容室『25 niko』の代表。2児のパパ。

2005年に高津理容美容専門学校を卒業後、『Bloom高槻店』にて5年、両親が経営する美容室『夢人形』にて6年間スタイリストとして経験を積む。

2015年6月に美容室『25 niko』を大阪府高槻市にオープン。

2018年3月に結婚相談所『関西ブライダルエテルナ高槻店25niko』を大阪府高槻市グリーンプラザ1号館2階にオープン。

得意技術はカット。好きなヘアスタイルはショートスタイル。

一見怖そうな外見とは裏腹に、物腰が柔らかく優しい人柄が訪れる人を和ませる。

★Instagram→片岡 飛鳥

#結婚に一番近い#結婚相談所#ヘアサロンって?

今回BellcorがASKAさんをピックアップさせて頂くきっかけとなったのが、ASKAさんがInstagramに投稿していた写真についていたハッシュタグの『#結婚に一番近い#結婚相談所#ヘアサロン』というワード。

ヘアサロン?それとも結婚相談所!?「どういうことだろう?」という興味心からお話をうかがったところ、美容室を経営している傍ら結婚相談所もオープンしているという驚きの返答が!

これは是非ともインタビューさせてほしい!というBellcor編集部の念願が叶い、快くインタビューに応じて頂きました♪

『25 niko』代表のASKAさんと、『関西ブライダルエテルナ高槻店25niko』の婚活ディレクターとして活躍されている奥様の由香里さんにお話をうかがいました。

美容室が結婚相談所を経営するきっかけ

(はじめまして!Bellcor編集部の担当Kです!今日はインタビューよろしくお願いします!)

美容師の待遇を変えたいという想いから経営者へ

ASKA 少し話が遡るのですが・・・僕は美容師を15年くらいしていまして、実家が美容室ということもあり昔から両親が働いている姿を見て育ったという環境だったのですが、最初は美容師をやりたくなかったんです。なんだか親に敷かれたレールに乗っているような感じがして。でも、かといって高校を出るまで何か特別したいこともなかったので、親に美容師免許だけ取っておいてと言われて美容専門学校に行ってみたら美容師の仕事が面白くて。そこからですね、美容師としてやっていこうと思ったのは。
でも、長く働いていくと美容師ならほとんどの人が感じると思うんですけど、美容師は休みが少ない、なのに労働時間は長い、さらに低賃金といった待遇面がとにかくブラック(笑)。もちろん一部の美容室ではそうでもないところもあるとは思うんですけどね、でもやっぱり一般的なイメージはどちらかというと前者。なので、仕事がある程度出来るスタイリストになってくると、色々な待遇が見合わなくなってくるんですよね。僕自身もその待遇に不満を持った一人だったので、「このままじゃダメだな」という思いで自分が雇われている時にしてほしかった待遇を実現させるために、また自分自身も経営を学びたいという思いがあって、美容室の25nikoをオープンさせました。
ただ、美容室っていま20万軒くらい全国にあるんですよね。オープンしてみて思ったのが、お店の成長軌道がゆったりなんです!!20万軒ですからね!!(笑)みんなで取り合いです!その中で戦っていくのってちょっと非効率だなって思ったんです。
実家が美容室なのと僕自身も美容師という業は大好きなので一生関わっていくんだろうなって。なので守りたいからこそ新たなことにチャレンジしたいなと。じゃあその中で何か出来ることがないかなって模索していたんですけど、大体思いついてもネイルとかマツエクとかエステとかでありきたりなことばかり。僕、人と同じっていうのがめちゃめちゃ嫌なんです。でも、どれだけ考えても同じ発想しか出てこない自分がもうほんとに面白くなくて(笑)。そんな時ですね、ちょうどお客様の社長さんに誘われて異業種交流会に参加したことがきっかけで、結婚相談所と出会うきっかけが出来たんです。

意外と閉鎖的な美容業界。新たな門を開く異業種交流会の存在

美容師さんはカットなどの施術を通してさまざまな業種のお客様と日々接するお仕事。

しかし、実際により深い交流が出来る場に足を運ぶ方は少ないのだとか。そんな意外と!?閉鎖的な美容業界のなかで、新たな門を開いたASKAさん。より詳しくお話をうかがいました。

ASKA 異業種交流会では、本当に様々な多方面の業界から人が集まります。例えば弁護士や、建築とか飲食業界の方など。普段は美容の仕事がメインなので、自分とは全く違う業種で働いている方の話は本当に刺激になります。そのような異業種交流会でたくさんの方とお話をするなかで、結婚相談所で働いている方の話をうかがったんです。そこで、自分の美容師という業を使って何か出来ないかと模索していたところ、結婚相談所の社長さんと深くお話をさせてもらうなかでカチッとピントが合ったのが結婚相談所だったんですよね。
で、興味を持ってから実際にその後も結婚相談所の社長さんから声をかけて頂いて、「髪の毛で人の印象は9割変わる」というセミナーを開かせてもらったんです。すると、そのセミナーがきっかけで結婚相談所の会員さんが何人もモチベーションを上げてくれて、しかも実際にそれから半年くらいで成婚に繋がった方もいて。美容室が結婚相談所に参入することに大きな可能性を見出したのはそのセミナーがきっかけでした。

由香里 このセミナーは結婚相談所に登録している人の中でもそんなに婚活がうまくいってなかった方達に向けてのセミナーだったので、そういう方の後押しや成婚につながったきっかけづくりが出来たということは結果としてとても大きかったですね。

 

—なるほど。美容師さんならではの見た目改善という点から婚活がうまく進まなかった方の後押しになるきっかけを作ることが出来たというのは、成果としてすごく大きな手ごたえになりますね!

続きを読む
1 / 3

Bellcor公式

Bellcor編集部スタッフが執筆しています♡

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧