“本当に使える”日焼け止め&最新UVカットファンデで今年の紫外線対策を♡

ビューティー

日に日に春の予感を感じる季節ですが、日差しが暖かくなると紫外線も本気モード。

汗ばむぐらいの気温になってから気にし始める方も多いと思いますが、実は紫外線は春先から徐々に強まっていきます。

紫外線はシミやそばかす以外に肌全体のトーンダウンの原因にもなるので、大人女子はしっかり対策したいところ。

そもそも日焼け止めによくある“SPF”や“PA”ってなに?

日焼け止めを選ぶとき、“SPA”や“PA”という文字を目にしますよね。

ベースメイクにも「SPF50」という表示があったりして、何となく「数字が大きい方が良さそう」と思って買っている方も少なくないのでは?

まずはこれらの表示について正しく知っておきましょう。

“SPF”とは

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、3種類ある紫外線のうちシミやそばかすとなる“紫外線B波”を防ぐ効果を表します。

後に続く数字が大きい方が効果は強いのですが、SPF50以上となると肌への負担が大きくなるので予定やライフスタイルに合わせた日焼け止めを使いましょう。

選び方としては、

買い物や通勤など、1時間以内の外出→SPF20

軽めのスポーツやレジャーなど→SPF35

炎天下でのレジャーやマリンスポーツなど→SPF50以上

が目安です。

ちなみに数字で表記できるのは50までとなっており、SPF50以上の効果がある場合は一律で「SPF50+」と表記されます。

“PA”とは

SPFが紫外線B波を防ぐのに対し、PAはシワやたるみを招く“紫外線A波”を防ぐ効果のことでプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略です。

数字ではなく+の数で効果の強さを表しますが、4段階での表記になるので一番低くて“PA+”、一番高くて“PA++++”であることを覚えておきましょう。

こちらの目安は

買い物や通勤など、日常的な外出→PA+

軽めのスポーツやレジャーなど→PA++〜PA+++

炎天下でのレジャーやマリンスポーツなど→PA++〜PA++++

となっていますので、SPFの数値と合わせて選んでくださいね。

白浮きや乾燥の悩みはもう不要!優秀日焼け止め3選

キュレル/UVクリーム(SPF30・PA++)

(提供:日高あきさん)

“乾燥性敏感肌”のためのスキンケアを展開するキュレルから発売されている日焼け止めは、ベタつかないのにしっとり潤うので「日焼け止めで肌が荒れやすい」という方に使ってもらいたい商品です。

消炎成分も配合されているので、すでに日焼けしてしまって熱を持った肌のケアにも◎

白残りせず化粧下地としても使えるほか、ドラッグストアで気軽に買えるので、新しく日焼け止めを選びたい方はまずキュレルから始めてみてはいかがでしょうか?

ETVOS(エトヴォス)/ミネラルUVセラム(SPF35・PA+++)

(参考:エトヴォス公式オンラインショップ)

「日焼け止めと保湿、両方一度に済ませたい」という方はエトヴォスのUV美容液を。

UVカットと潤いを守る成分の両方が含まれているので、これ1 本で紫外線によるメラニン生成や乾燥を防ぎます。

ミネラルコスメのエトヴォスらしく化学成分不使用なので、敏感肌の方やお子様にも使えてもちろん石けんでのオフもOK♪

紫外線は窓ガラスも透過するので、ノーメイクで過ごしたい休日のスキンケアにも取り入れられるほどに軽いつけ心地の日焼け止めです。

スポーツ ビューティ/サンプロテクト ミルク(SPF50+・PA++++)

(提供:たけまいさん)

コーセーが手がけるスポーツ ビューティシリーズは、「史上最強に落ちない」として2月16日に新しくなってリリースされたばかり。

そのキャッチフレーズ通り、SPF・PAともに国内最大値に作られています。

容器を振って混ぜてから使用する、日焼け止めには珍しい2層タイプですが使い心地はさらさら。

上からファンデーションを乗せてもヨレないうえ、こすれ・汗・水に強いので全身に使うことができます。

ジェルタイプやBBクリームもあるので、日常的にスポーツをする方や外回りが多い仕事の方はライン使いで紫外線を徹底ガードするのがおすすめ◎

日焼け止めはベースメイクと同時にする時代♡UVカットファンデ&パウダー

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)/薬用美白ミネラルクリアUVファンデーション(SPF50+・PA++++)

(参考:オンリーミネラル公式サイト)

SPF50+、PA++++という高い日焼け止め効果を誇るのに石けんで落とせるのは、ミネラルコスメとして評価の高いオンリーミネラルならでは。

植物由来のオイルやエキスが乾燥を防ぎつつも、ミネラル成分が余分な皮脂を吸収するので「潤うのに崩れない」が叶うパウダーファンデーションです。

メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体も配合されているので、メイクしながら美白ケアも♡

3月1日に発売されたばかりなので、ぜひ店頭でチェックして♪

CEZANNE(セザンヌ)/UVクリアフェイスパウダー(SPF28・PA+++)

(参考:セザンヌ公式サイト)

ファンデがヨレるのが嫌なのでリキッドタイプの日焼け止めは使いたくない…という方へは、プチプラブランドでおなじみセザンヌのフェイスパウダーを推薦♡

このUVクリアフェイスパウダーは、休日に屋外で過ごす程度の紫外線なら充分カットできるのに、なんと税込734円という驚きのお値段なんです!

さらさらなパウダーがくすみを飛ばし、毛穴をふんわりカバーするのでこれ1つパッとで明るい肌が完成♪

ベージュ2色、ナチュラル、パール入りラベンダーの4色展開なので、ファンデの仕上げはもちろん下地+このパウダーで時短メイクもできちゃいます◎

ESTEE LAUDER(エスティ ローダー)/ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ(SPF10・PA++)

(参考:Amazon)

「完璧なカバー力のファンデーション」として鉄板のデパコス、エスティローダーのダブルウェアシリーズに日焼け止め効果があることはご存知でしょうか?

このステイ イン プレイス メークアップはセミマットな質感でSPF10・PA++なので、普段使いにぴったり。

色展開が多いことでも人気のダブルウェアですが、セミツヤな「ヌード ウォーター フレッシュ メークアップ」はSPF30・PA++、下地の「フローレス ハイドレーティング プライマー」はSPF45・PA++++とアイテムごとに仕上がりや効果も違うので、きっと自分に合ったものが見付かりますよ♪

日焼け止め選びは、コスメと同じくらい相性が大事

今やスキンケアやメイクと同時に紫外線をカットできる商品がたくさん発売されており、「日焼け止めは乾燥しやすい」「白浮きしてメイクがしにくい」というイメージはすっかり解消されています。

「どれも効果に差はないんじゃない?」「どれも結局肌荒れするのでは?」なんて思わずに、ほかのコスメを選ぶように日焼け止めもじっくり選んでみてはいかがでしょうか♡

(TOP画像提供:11po27さん

最新コスメをチェックしたい方はこちら♡

Bellcor公式Instagram

おすすめスキンケアアイテムを紹介中!

Bellcor公式Twitter

お悩みに合わせた記事を提案します♪

Bellcor公式LINE

友だち追加

合わせて読みたい♡

RIN

キラキラしてたい。HAPPYで可愛いをお届けします♡

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧