鈴木えみさんの前髪に憧れて…♡似合わせセルフカット方法!

ヘア

20代~30代まで幅広い女性に支持されている鈴木えみさん。

美しいさらさらストレートなロングヘアが印象的ですよね♪

そして鈴木えみさんといえば、目の少し上くらいでキープされたぱっつん前髪がトレードマーク♪

憧れるけど、そんな頻繁に美容室なんていってられない…!

そんな方に朗報♪誰でもできる簡単セルフカットの方法があるんです!

今回は、鈴木えみさん風『美しい前髪』の作り方をご紹介します!

(参考:Instagram

鈴木えみさんの前髪。こだわりはココ!

先ほどもお伝えしたように、前髪の長さは目の少し上くらいをキープしています。

頭の一番高いところから前髪を持ってくることでストンと下に落ちる前髪に。小顔効果や目を大きく見せる効果も期待できるのです♪

鈴木えみさんご本人の髪質は柔らかい直毛なので、もともと顔周りの髪に癖がある人は事前にポイントでストレートパーマをかけたり、スタイリング時にヘアアイロンで前髪を伸ばすなどの工程が必要かもしれません。

しかし、このようなくせ毛さんも一度美容室でベースを作っておけば、あとはこれから紹介するセルフカット方法の活用で憧れの鈴木えみさんのような前髪が手に入るのです♡

鈴木えみさん風前髪の作り方

STEP1 前髪を濡らし、ドライヤーでまっすぐに乾かす

完全に乾かさず、少しウェットな状態で止めておきましょう。

STEP2 コームで整えてブロッキングカット前に、コームを使ってきれいに揃えておく

この時、前髪カットしたい部分をブロッキングしておきましょう。

黒目の真上と頭のてっぺんを結ぶように三角形をつくるイメージで。サイドの髪はカット中降りてこないようにピンで留めておくと◎

STEP3 真ん中から外側に向かってカット

左右どちらかからまっすぐ切ろうとしても片側が上がったり下がったりラインが斜めになってしまう可能性があるので、真ん中からハサミを入れましょう。

ポイント

◎ 希望の仕上がりより少しだけ長めにカットする

※完全に乾いた状態はカットラインが少し上にあがるため、少しだけ長めにカットしておきます。

◎ スタイリング時に前髪を内巻きにしたい人は、それも考慮して長さを調整しましょう

◎ 前髪の束を一気にまとめて切ると表面の髪が内側より短くなってしまうので、はさみを入れるときは外側に倒すようなイメージで傾けてカットする

※はさみを傾けてカットするのが難しい人や、毛量が多い人は一気にカットしようとせず内側の髪と表面の髪を2ブロックに分けてカットすると良いでしょう。

また、カットする際にはさみを縦にいれると不揃いなカットラインになりますが鈴木えみさんを目指すなら横にはさみを入れてパツンとしたカットラインをあえて出すのがおすすめ♡

 

いかがでしたか?♪

これさえ覚えておけば鈴木えみさんのような美しい前髪は自分でもキープできるのです♪

ぜひ試してみてくださいね◎

 

 

RIN

キラキラしてたい。HAPPYで可愛いをお届けします♡

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧