黒染めしたくないあなたへ【暗髪カラー】で黒髪風に♡

ヘア

夏も終わり、そろそろ本格的に就活に力を入れなければならない時期。

しかし!黒染めは次に明るくするときに大変だし、色落ちしてきたときのカラーもださいし「できればしたくない」という人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、黒染めはしたくないけれど髪を黒くしなければならない人へ。

とっておきの情報をご紹介します♡

そもそも黒染めとヘアカラーの違いって?

(参照:THROW公式サイト)

まず、この画像は髪の毛の色(トーン)を表にしたものです。

見てわかるように横軸が彩度、縦軸が明度(トーン)として表されています。

黒染めをする時は、大体この表でいう4トーンのカラー剤を使うことが一般的で、通常のヘアカラーでは6トーン以上、14~15トーンまでいくとブリーチ剤が必要です。

そのため、黒染めとヘアカラーの大きな違いは「明度(トーン)の違い」ということになりますが、4トーンまでトーンダウンしてしまうと次に色を入れるのが難しくなってしまいます。

ブリーチを使って黒染めを落とし、明るいヘアカラーへチェンジすることもできますが、もちろん髪に負荷がかかります。

黒染め後、ヘアカラーを明るくしたくなってもキレイに色が入るようになるまで数年かかる場合もあるのです。

ここまで知ってしまうと、もう黒染めはできませんよね…

では職場・学校が厳しく髪を黒くしないといけない場合、どうしたら良いのでしょうか。

黒染めじゃなく“暗髪カラー”で黒髪回避♡

(提供:中村みほさん/sea’s栄)

4トーンのカラー剤を使う黒染めではなく、6トーンより上のカラー剤で染めれば次回に染める際、ムラになったり極端に色が落ちにくいなんてこともなくヘアカラーを楽しむことができます。

暗髪とは、6~7トーンのヘアカラーのこと。

アッシュやナチュラルといった落ち着いたカラーを選べば、より黒髪に近い色味に寄せることができるので職場や学校で浮いてしまう心配もありません。

黒髪よりも自然で地毛に近い仕上がりというだけでなく、褪色していく過程も楽しむことができます。

トーンダウン前の髪色や髪質にもよりますが、約1ヶ月~2ヶ月かけてゆっくり褪色していくので「黒髪をキープしたくない」人にとってはメリットですよね。

それだけじゃない!暗髪カラーのメリット

(提供:takumi0729さん/Nikiita)

暗髪カラーのメリットは、次回以降のカラーがしやすいということだけではありません。

もともと日本人の肌色では黒髪よりも少し明るいヘアカラーのほうが肌なじみもよく、瞳の色とも合うのです。

そのため、黒髪よりも2~3トーン明るい暗髪は日本人にとって相性の良いカラーだといえます。

さらに、一般的には「暗い髪=重たい印象」と思われがちですが、暗髪カラーはカラー剤の調合次第で透明感ツヤ感を出しやすく、今季トレンドをしっかり押さえてくれているカラーなのです。

“真っ黒”ではないので、髪を巻いたりアレンジした際に動きをつけやすいのも嬉しいポイント。

美容室でオーダーするときは「6~7トーンの暗髪カラーでお願いします!」と伝えてくださいね。

6~7トーンの市販カラー剤を使えば暗髪カラーになる?

(提供:中村美穂さん/k-two京都店)

黒染めの独特な仕上がりは暗髪カラーで回避できることもわかったし、6~7トーンの明るささえ選べばいいのなら「市販で問題ないでしょ?」と思っている人もいるかもしれません。

もちろん、今では各メーカーがいろいろな種類の市販カラー剤を販売していますし、泡で染めるカラー剤を使えば仕上がりもムラになりにくくセルフでも比較的キレイに染めることができるでしょう。

しかし、染める髪は人によって状態がさまざまです。

髪が細い人もいれば太く剛毛な人もいます。ダメージ具合だって人それぞれ。

いくら市販のカラー剤がレベルアップしているといっても「期待していたトーンにならなかった…」なんてこともよくある話です。

美容室でカラーをすれば、その時の髪の状態に合わせて“補色”を使ったり、髪質やダメージレベルに合わせてカラー剤を調合できるので、自分で染めるより理想の髪色により近づけることができます。

キレイな髪をキープしたいなら、やっぱり美容室でカラーしてもらうことをおすすめします。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した暗髪カラーで黒染めを回避して、いつでもカラーを楽しめる髪をキープしてくださいね♡

ベルコル公式サイトでは、高い技術をもつ美容師さんが執筆するコラムや、人気美容師さんのヘアスタイル作品を多く紹介しています♪

また、他にもオシャレにまつわる いろいろな情報も更新中♡
公式InstagramやLINEも是非チェックしてね!

■合わせて読みたい

MAI

ヘアアレンジ大好き♡ おすすめアレンジをどんどん紹介していきます★

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧