バイト先でのネイル「OKライン」とは?厳しい上司もクリアできるネイルデザイン!

ファッション

指先に可愛いデザインが描かれているのを見るとテンションが上がる…!

ネイルを楽しめるのは女性の特権ですよね♪

しかし、実際「バイト先が厳しくてネイルができない」と諦めてしまっている女性は少なくありません。

最近になって外見を厳しく取り締まるところは少なくなってきましたが、医療、飲食関連などの接客を行うバイト先では「ネイル禁止」にいしているところも多いのではないでしょうか。

ただ、数年前まではネイル=派手というイメージが強かったので、頭ごなしに「禁止」としているバイト先もあるようですが、最近はシンプルで清潔感のあるデザインも増えてきました。

特にショートネイルなら派手すぎる印象もありません。

そのため、主張が激しくないネイルならOKとしているバイト先も少しずつ増えてきているようです。

具体的に、どのラインまでならOKなのか?

さっそくみていきましょう!

肌なじみの良い単色ネイルでバイト先の基準クリア♡

(提供:litoile.nailさん)

淡いオレンジベージュが大人可愛いデザイン♡

その名の通り、オレンジとベージュをMIXして作っているので肌なじみがとっても良いんです。

バイト先では目立たず、プライベートでは秋のさりげないおしゃれとして活躍してくれそうな予感です…♡

ピンクグラデーションネイルならバイト先でもバレない!?

淡く薄いピンクカラーなら、バイト先にもバレる心配なし!

そもそも髪色についても規定がない職場なら、少しお花モチーフを入れる程度までOKを貰えるとことが多いようですね。

(提供:いずれもlitoile.nailさん)

店長or上司も親指は見ないでしょ。ワンポイントネイル

人差し指から小指までは、淡いピンクかオレンジを用いた単色ネイルで、親指にアートを施すデザインが最近のブーム。

指先を見られるときって基本は人指し指から小指の4本。

親指を見せるタイミングってなかなかないですよね。とはいえ、派手すぎるデザインは危険。

ワイヤーやホログラムを使ったシンプルなデザインを選びましょう。

(提供:いずれもyumi.kawashimaさん)

バイト先でOKなネイルデザイン「まとめ」

バイト先でもOKなネイルデザインをいくつかピックアップしましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介したのは、あくまで一例。

少しずつ身だしなみに理解のある職場が増えてきたとはいえ「企業のイメージを損なう」と頑なにネイルを禁じているバイト先があることも事実。

挑戦するなら、同僚やバイト先の先輩はどうしているのかチェックしながら慎重に…。

どうしてもネイルができないという方はプロのネイリストさんに「ネイルケア」してもらうだけでもテンションが上がると思いますよ♪

MAI

ヘアアレンジ大好き♡ おすすめアレンジをどんどん紹介していきます★

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧