編み込みも自分でできる♡ショートヘアの結婚式お呼ばれアレンジ

ヘア

以前の記事では、結婚式に出席するときの服装マナーについて紹介しましたが、それと同じくらいに悩むのがヘアスタイルではないでしょうか?

お呼ばれ時の髪型は服装ほど縛りはありませんし、特にショートヘアやボブだとアレンジのイメージが湧きづらいですよね。

しかし、だからと言って何もしないのはNG。

フォーマルな場に行くならば、髪型も“きちんと感”がなければいけません。

「でも美容院に行ってもできるアレンジが少なそう…」

「アップにできないくらい短いときはどうすればいいの?!」

そんなときは思い切って自分でセットしてしまいましょう♪

実はショートやボブでもできるヘアアレンジはたくさんあります♡

ボブでもアップスタイルはできます!

必要なものはゴムとピンだけ!簡単アップ♡

(写真提供:kurihara chiekoさん/LotusHairDesign)

こちらは肩に付かないぐらいのボブをアップにしたスタイル。

編み込みをたくさんしていて難しそうに見えますが、実際は髪を4つに分けて三つ編みとくるりんぱを後ろでまとめるだけの簡単アレンジです♡

①サイドの髪を残して、後ろの髪を半分ずつ三つ編み

②三つ編みを平たく襟足につけてピンでしっかり固定

③サイドの髪を根本を空けて結んで、クルリンパを数回繰り返す。

④反対サイドも同様にクルリンパ。クルリンパした髪を2の上でピンで固定。

(写真・アレンジ提供:kurihara chiekoさん/LotusHairDesign)

この4ステップでアップヘアができちゃいます!

ゴムとピンさえあれば自宅ですぐにできるので、午前中から始まる結婚式でもバタバタしなくていいのが嬉しいですよね♪

コテを使ってアシメな大人アップに♪

コテが使える方は、少し後れ毛を残して変化を付けるスタイルはいかがでしょうか♡

 

 

①後れ毛を残してサイドをねじり、後ろでアメピンで留める(アメピンでうまく隠せない方はゴールドなどの見せピンでもOK♪)

②残った髪をゴムで結び、1度くるりんぱ

③後れ毛にコテで少しクセを付ける

(動画・アレンジ提供:庄司将之さん/Quartett)

襟足までしっかり入れ込んでねじっておくことで、1度くるりんぱするだけでアップスタイルが完成します♡

ポイントはねじったりくるりんぱをした髪を少量ずつほぐしておくことと、ピンで留める位置を少し片側に寄せておくこと。

これを意識するだけで柔らかいけれど大人っぽい仕上がりになりますよ♪

もちろんハーフアップもOK♡

短い髪を全部アップにするのがどうしても難しければ、ハーフアップでも大丈夫です。

(写真提供:いずれもE R I さん)

①後れ毛を残して髪をトップ・サイドの3つに分ける

②トップの髪を引き出しながらボリュームを持たせ、後ろでピンで留める

③サイドを大きめにねじって後ろで留める

このスタイルでは、以上の3ステップでハーフアップが完成します!

少しサイドが寂しいと感じたら、1枚目の写真のようにピンを留めておきましょう♪

後れ毛や下ろしている髪をコテやカーラーなどで少しクセづけしておくと、よりドレスに似合うスタイルになりますよ♡

ショートスタイルでまとめられない方向けスタイル♡

短時間でできる!エアリーパーマ風ヘア

ショートヘア・ショートボブで編んだりねじったりできない方は、コテを使って髪型に変化を付けておくのがおすすめ。

 

①両サイドを外巻きにして毛先を外ハネに

②中間を4箇所ほどリバース巻き

③リバース巻きにした部分のあいだを細めに取って表面を巻く(後ろ側も)

④サイドバングをリバース巻きにして外側に

⑤前髪をさらっと巻く(好み次第でしっかり巻いてもOK)

⑥全体にオイルを付けて仕上げ

(動画・アレンジ提供:荒川華穂さん/Cure)

ここまでの所要時間は5分!

なのにちゃんとセットした感が出せるので、ショートヘアさんはチャレンジする価値ありのスタイルです♡

コテが使えない…そんな方への救世主アレンジ

コテを持っていない、もしくはどうしても上手く使えないという方は100均へ行ってマジックカーラーを2つほど買っておいてください。

最後にコテもゴムもピンも不要なアレンジを紹介いたします!

 

①マジックカーラーで黒目幅ぐらいの前髪を巻く

②トップも巻く

③巻いた部分にドライヤーを当てて温める

④少し冷ましたらマジックカーラーを外し、ワックスを付ける

(動画・アレンジ提供:ショートボブ/ショートヘア/ヘアカタログ/小屋侑大さん/Way’s)

動画の最後の方にあるbefore・afterの写真のように、ボリュームと毛流れを作るだけでも“きちんと見え”することがお分かりいただけたのではないでしょうか?

ちなみに前髪を作っていないタイプのショートヘアの方でも、同じ方法でアレンジ可能です♪

 

①分け目の髪をマジックカーラーで巻く

②後ろも同じように巻く

③ワックスを全体に付ける

④毛流れを整えて完成!

(動画・アレンジ提供:小屋侑大さん/Way’s)

カーラーで巻いてワックスで仕上げただけなのに一気にイメージが変わりましたね♪

片側の耳を出しておくと、より大人っぽくドレッシーさを出すことができます♡

「お呼ばれ用ヘアアクセ」の選び方

編み込んだアップヘアなどそのままでも華やかなスタイルの場合は何も付けなくてもOKですが、後ろでまとめた部分のゴムやピンが気になるのならヘアアクセサリーをプラスしましょう。

また、ショートで顔に髪がかかる場合もピンで留めて清潔感を出すことが必要です。

ヘアアクセにもNGマナーはあるの?

実はドレス同様、ヘアアクセにもルールがあります。

まず花嫁を思わせる生花・造花やティアラ、王冠モチーフ、白い素材のものはNG。

シュシュやバレッタ、カチューシャもカジュアルなアイテムなので基本的には好ましくないとされていますが、サテンなど光沢のある素材やパールがあしらわれた華やかなものであれば問題ない場合もあります。

しかしイヤリングなどと同じく、キラキラしすぎるものはマナー違反。

パールや小さめビジューのアイテムを選んでおくのが無難です。

ショート・ボブのお呼ばれスタイルにおすすめヘアアクセ♡

(提供:Churabow[チュラボウ]さん)

華やかでありながら落ち着きもある小枝モチーフのこのヘアアクセは、パーツの中に金箔を閉じ込め、パールも天然の淡水パールを使用しているという上質なアイテム。

コームタイプなので、髪をまとめている部分にサッと差すだけでお呼ばれヘアが完成します♪

パール&クリアビーズの小ぶりなものもあるので、アレンジや場面によって使い分けられるのも嬉しいですよね♡

 

(参照:COMPLEX BIX)

スワロフスキーのきらめきとパールのフォーマル感が揃ったバレッタはパーティーシーンにぴったり♡

ショートヘアの耳の上で細身のバレッタを留めれば、髪が下がってくるのも防げる上に“ちゃんとアレンジした感”も出すことができます。

ヘアピン代わりにも使えるサイズのものをこの機会にひとつ用意しておきましょう♪

ショートやボブでも自分でできるアレンジはたくさん♪

今回は「結婚式のお呼ばれスタイル」というテーマで紹介しました。

自分でヘアアレンジができるようになると時間に余裕もできるほか、美容室で「仕上がりがイメージと違う!」という事態も避けられます。

髪が短くてセットに悩んでいる方は、ぜひセルフアレンジに挑戦してみてくださいね♡

(TOP画像提供:kurihara chiekoさん/LotusHairDesign)

あわせて読みたい♡

YU-

“オトナ可愛い”が得意分野♡コスメとアクセサリーが好きなセルフネイル派♡ トレンドと個性を両立したオシャレを追求中。

プロフィール

こちらの記事もおすすめ♡

関連記事一覧