PR

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-T 口コミ電気代は高い?

冬の冷えは足元からと言われており、足元を暖める事で体全体を暖めることができます。

こちらの記事ではアイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの口コミ評判、デメリットや電気代など気になる点についてまとめています。

  • 機械が苦手な人でも使える切弱強のみの3種類
  • 60cm×60cmの汎用性の高いサイズ
  • ペットの布団に最適な大きさ
  • 数か月で使えなくなる人もいる
  • 足が冷えるデスクワークに最適

などの意見がありました。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tはこちらのリンクで購入できます♪

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの口コミ

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-T口コミ評判を集めています。

良い口コミ、悪い口コミ双方片寄りがないように掲載しました。

購入するのであればデメリットに目を向けるのも良い選択ではないでしょうか。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの悪い口コミ

Amazon、楽天の口コミレビューを参考に悪いレビューを集め評価をまとめてみました。

短い寿命

思ったよりもずっと早く壊れてしまう。

数週間、あるいは数ヶ月で暖まらなくなるという経験は、期待していた使い心地とはかけ離れている。

初期不良が多いのはアイリスオーヤマのあるあるですがその場合は返品交換する手間が出てきます。

心地よい温かさが得られないので寒い

この製品から感じる暖かさはとても微弱で、寒さを感じる足元を温めるには程遠い。

また、温度が一定せず、あたたかさを一定に保つことができない。

冷えが強い人にとってはHCM-60S-Tはパワー不足のようです。

火傷を心配させる過熱

逆に、製品が想像以上に熱くなることもある。

火災につながるのではないかと心配になり、安全性に疑問を感じてしまう。

人によってはこれは暑くて(熱くて)怖いという人もいます。

体重をかけないと暖まらない

製品が十分に暖まるには、体重をかける必要があると感じる。

これは想定外の使い方で、快適さを損なってしまう。

製品の品質疑問初期不良が多い

製品の品質に不安を感じさせる。スイッチがうまく機能せず、電源ランプが点滅したり、素材が簡単にほつれてしまったり。

これは製品がきちんと検査されていないのではないかと思わせる。

レビュー数も多く販売数が多いためその分初期不良の悪い口コミが目立つのは仕方ないことなのでしょうか。

また人によっては全然暖まらないという人もいれば暑すぎて使えないという人もおり評価が真っ二つに分かれるのは判断に悩むところです。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの良い口コミ

こちらは良い口コミを集めて、良いという特徴をまとめています。

電気マットとしての快適さは合格

電気マットが提供する暖かさは驚くほどで、冷えた日でもお尻から太ももを快適に温めてくれます。

もし、フリースのブランケットやふわふわスリッパを組み合わせると、まるで暖炉の前にいるかのような感覚を得られます。

自分のデスクチェアにこれを敷くと、冬のホームオフィス作業がより快適になります。

床用としての新たな可能性

床敷きとしても使えるのは驚きで、ソファの前に置いて小さなこたつのように使うことができます。

ただし、フローリングに直接置くと温度が上がりすぎる可能性があるので、ハンドタオルを下に敷くとより安全ですよ。

コストパフォーマンスの良さ電気代が安い

電気代は驚くほど低く、1日10時間使用しても1か月で約110円です。これにより、冷えた足元を温めるために大量の電気を使うことなく、節約しながら心地よい温かさを保つことができます。

使用環境に合わせた選択

商品のサイズや表面温度、素材感を選ぶことができるため、自分の好みや生活スタイルに合わせて選べます。

例えば、ペットの寒さ対策の中敷きに使用することもできるのでお出かけ中も寒い思いをさせずに済むのは安心です。

素材の心地良さ

ふわふわとした素材は素足でも心地よく、家でリラックスする時間をより楽しむことができます。

また、デザインもシンプルな茶色で、どんなインテリアにも合います。ただし、頻繁に座ると毛足がすぐに寝てしまう可能性があるので、その点だけは注意が必要です。

フットウォーマーの価格もコスパが良くさらに性能もあり、場所を選ばないという点で評価されています。

人が使うのではなく犬や猫の防寒対策として使用されるのにも丁度良い大きさなのが評価の一つとなっています。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tのデメリット

悪い口コミもありますが、独自支点で考えられるアイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tのデメリットについて紹介します。

色が選べないのでインテリアには不向き

販売カラーは単色となっており家のカラーコーディネイトいこだわっている人。

家の家財道具に対して風水を取り入れているような方にとっては単一カラーでは不向きです。

自動オフ機能非搭載

自動切りタイマーが無いので長期間留守にする間電源は入りっぱなしになる。

電気代が発生し続ける点や、漏電による火災の心配も出てきます。

温度微調整ができないので自分にぴったりな温度が選べない

温度調整は弱と強のみの二種類、熱い、冷たいの中間だった場合調整に困るという点があります。

その場合は靴下を履くやタオルを置いて温度を調整する必要があります。

単体だと滑ってずれる

裏面に滑り止めがないため使っているとずるずるとずれます。

また生地が薄い作りとなっているためくしゃくしゃっとなりがちです。

裏面には滑り止めを別途置く必要があるでしょう。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの電気代

公式ページに消費電力や電気代目安について表記されています。

消費電力:72W(消費電力量※1(1時間当たり):強…約42.1Wh、弱…約31.6Wh)

電気代※2(1時間当たり):強…約1.1円、弱…約0.9円 表面温度※3:強…約48℃、弱…約40℃

す。

1時間あたり8時間8時間×30日
約1.1円約8.8円約264円
約0.9円約7.2円約216円

公式より計算したところ1日8時間使用であれば30日(1ヶ月)で216円の電気代がかかるという事になります。

エアコンやハロゲンヒーターと比較すればはるかに電気代は格安になっていることがわかります。

アイリスオーヤマ フットウォーマーHCM-60S-Tの概要


この商品について
本体サイズ(cm):幅約60×奥行約60×高さ約2
重量:0.6kg
材質:ポリエステル100%
電源:AC100V 50/60Hz共用
消費電力:72W(消費電力量※1(1時間当たり):強…約42.1Wh、弱…約31.6Wh)
切り替え機能:強/弱
電気代※2(1時間当たり):強…約1.1円、弱…約0.9円 表面温度※3:強…約48℃、弱…約40℃
電源コードの長さ:約1.5m
ホットマットは水洗いやクリーニングはできません。

敷くだけで足元ホカホカ


足は心臓から最も遠く体の中では特に冷えやすい部分。足を暖めることによって暖かい血流が全身に広がりぽかぽかと快適に過ごしやすくなります。

優しい触り心地の素材を使用


短い起毛のなめらかな肌触りでついついずっとそこに居たくなるような気持ちよさです。

素材は柔らかいので季節が変われば簡単に収納できます。

簡単スイッチでお年寄りでも操作楽々


切弱強の3つのスイッチのみなので機械が苦手な高齢の方でも簡単に使えるのは嬉しいポイント。

足元が冷える高齢者にとって簡単操作は外せません。

様々なサイズが選べる

60×60のHCM-60S-T以外にも

40×40のHCM-40S-T

176×88のHCM-1890-T

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥8,800 (2024/04/21 04:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

が販売されており、利用ユーザーのニーズにも幅広く対応しています。

まとめ

ホットカーペットよりも小さく持ち運びが容易で簡単操作で足元がホカホカになれる。

コスパの良い製品はアイリスオーヤマ流石というところです。

作りはシンプル過ぎて痒い所に手が届かない仕様でなのはコスパの良さで相殺というところでしょうか。

犬猫の防寒として利用される方は多いのではないでしょうか私も予定の一人です。

タイトルとURLをコピーしました