PR

マキタ掃除機失敗した人の悪い口コミの傾向は?後悔しない選び方

掃除機の候補でマキタを選ぶという方。

購入前に知って欲しい失敗した点や悪い点についてこの記事では紹介します。

マキタの掃除機は口コミの中でも特に評判が良く、長く愛用されている方も多くいます。

それでも決して万能ではありません。

デメリットに関しては

駆動音がうるさい

置き場所に困る

吸引力が劣る

集じん方式が劣る

バッテリー充電方法が不便

カーペットやマットには不向き

があります。

口コミを参考に出た失敗談においては

バッテリーが高い

バッテリーがすぐ切れる

デザインが悪い

吸塵力が落ちる

標準装備でアタッチメントが少ない

弱いバッテリーだと砂が吸ってくれない

とあり一つ一つ解説、解決方法について紹介していきます。

逆に買って良かったなぜ人気なのかについてはこちらのページにまとめてます。

スポンサーリンク

マキタ掃除機失敗した人のポイント

マキタ掃除機の失敗したポイントについて紹介していきます。

駆動音がうるさい

掃除機を使用中は音がうるさく、テレビの音がかき消されるレベルの騒音となります。

そのため、掃除機を利用するのは人が起きている時間帯のみで、夜勤をやられている方にはちょっときついかもしれません。

駆動音に関してはマキタの掃除機の機種の平均値として弱75dB~強90dBとされています。

75~90dBの騒音値は以下のように具体的な音の大きさと関連づけられます。

  • 75-80dB: 地下鉄の車内、電車の車内、ピアノ(1mの距離)
  • 布団たたき(1.5mの距離)
  • 麻雀牌をかき混ぜる音(1mの距離)

などが該当します。

80-90dB: このレベルの騒音は「うるさくて我慢できない」と感じられるレベルで、

  • 犬の鳴き声(5mの距離)
  • 騒々しい工場の中
  • カラオケ店の中央
  • ブルドーザー(5mの距離)

などが含まれます。

もともと業務用に作られているため静音設計はされていないため、「こんなにうるさいとは思わなかった」と失敗談が多いポイントです。

置き場所に困る

マキタの掃除機にはスタンドが付いていません。

壁に立てかけても滑ってガシャンと横倒しになる事もしばしばあります。

スタンドに関しては別売りで購入できるので気になる方は購入をおすすめします。

買った人はスタンド位ついて欲しいよなぁと思っています。

吸引力が劣る

マキタの売れ筋掃除機CL107FDSHWの吸込み仕事率はパワフル:30強:20/標準:5(W)となっています。

一方で同じようなタイプのコードレス掃除機ダイソンDigital Slim Fluffyの吸込み仕事率に関しては100Wと3倍以上の差が出てしまっています。

マキタの場合ハンディ掃除機もバッテリーパワー次第で最大40V使用可能なハンディ掃除機の場合CL001GRDWだとパワフル:125(W)まで出力可能。

マキタ 充電式クリーナ CL001GRDW スノーホワイト 40V-2.5Ah 掃除機 コードレス
ノーブランド品

吸引力で選ぶなら対応V数で購入すれば吸引力もダイソンにはひけをとりません。

集じん方式が劣る

マキタの掃除機で人気のタイプがカプセル式となっています。

捨てる際にゴミが舞ったりフィルタが汚れたりすることが多く失敗したという人が多くおられます。

カプセル式

  • 特徴: ゴミを透明な容器に集めるため、ゴミの量が一目でわかる。袋を購入する必要がない。
  • 長所: 袋のコストがかからない、ゴミの量が見える。
  • 短所: ゴミを処理する際に少し面倒かもしれない。アレルギー対応が難しい。

紙パック式

  • 特徴: ゴミを紙の袋に集め、使い捨てる。
  • 長所: 非常に衛生的で、使い捨てが便利。アレルギー対応の袋もある。
  • 短所: 定期的に袋を交換する必要があり、コストがかかる。

サイクロン一体型

  • 特徴: 遠心力を使用してゴミを空気から分離し、集塵容器は洗えるものが多い。
  • 長所: 吸引力が安定し、フィルターの手入れが少ない。耐久性が高い。
  • 短所: 価格が高く、大きくて重いモデルもある。

各タイプは特定のニーズや予算に合わせて選ぶことができます。

マキタの掃除機には3種類のタイプが販売されているので売れてるからこれにしようではなくて、自分のニーズにあったマキタの掃除機を選ぼうの方が正解です。

おすすめは紙パックタイプで純正品の紙パックも安く買えますし、紙パックの代わりに洗って使いまわせるフィルターも販売されています。

マキタの紙パック関連の記事はこちらにまとめました。

バッテリー充電方法が不便

マキタのハンディ掃除機の充電方法は、バッテリーを取り出して専用の充電器で充電させないといけないという点です。

充電のためにコンセントの一つと場所を取られるのが嫌という人も少なくありません。

この場合バッテリー内臓タイプのマキタの掃除機が販売されているのでそちらをおすすめします。

こちらのタイプはACアタブターで充電するタイプで、いちいちバッテリーを抜いて専用の充電器で充電する手間はありません。

ただし他のマキタ製品とのバッテリー共用が出来ないのがデメリットになります。

カーペットやマットには不向き

マキタで失敗したという感想に多い一つが標準装備のヘッドだとカーペットのゴミが吸ってくれないという問題。

標準装備のヘッドはブラシが付いていないためカーペットやラグマットなどには不向きとなっています。

ただし別売りになりますがカーペット用のヘッドが販売されているので付け替えれば対応可能となっています。

以上のような点で失敗したという事があります。

ただしマキタの場合は掃除機を選ぶ段階であればこれらの問題はほぼ解決できるというのがわかると思います。

どれを選べば失敗しないかという問題なのです。

マキタ掃除機口コミ失敗後悔した人達の意見

口コミから見たマキタ掃除機の失敗した後悔した人達の意見をまとめました。

バッテリーが高い

マキタの掃除機は本体よりもバッテリーが高いので有名です。

例えばマキタ(Makita) 充電式クリーナ 18V (本体のみ/バッテリー・充電器別売) CL182FDZW ホワイト、ブラックは本体のみなら

というように安いです。

しかしバッテリー18Vの6Ahのバッテリーを購入すると15,000円以上します。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥15,300 (2024/06/20 05:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

他のマキタ製品にも流用がきく、安全性、長く使えるなど高品質なバッテリーのため高くついてしまいます。

マキタのバッテリーの値段についてはこちらの記事にまとめました。

バッテリーがすぐ切れる

というように標準バッテリーの場合は掃除機の稼働時間が短く不満という方もいるようです。

この場合バッテリーのアンペア数を多くすることによって改善可能です。

例えば10Vタイプの6Ahにした場合BL1040Bですと、約60分の急速充電で、約27~32分の掃除ができます。

デザインが悪い

マキタの掃除機は業務用から生まれた製品なので、デザイン性はあまり期待できません。

家電も部屋のインテリアの一つと捉える人も少なくありません。

マキタの掃除機は部屋の基調を大きくダサくさせてしまうのは仕方ない点です。

ダイソンやシャークなどおしゃれさは期待できません。

吸塵力が落ちる

紙パックのタイプの掃除機の場合衛生的ですが、吸引力が落ちると後悔されている方もいます。

マメな紙パックの交換が必要で毎度紙パック代かかるというコスト面でデメリットがあるのは事実です。

紙パックの販売店に関してはこちらでまとめています。

標準装備でアタッチメントが少ない

マキタの掃除機には標準装備でアタッチメントが通常ヘッドのみの場合がほとんどです。

そのためカーペットじゃゴミを吸わない、細かい箇所の掃除がしにくいというデメリットがあります。

別途、別売りで先端用アタッチメントを購入する必要があるので思わぬ出費がかさんでしまいます。

バッテリー電圧が弱いと砂を吸ってくれない

10Vタイプのハンディタイプの掃除機を使用した場合、車の掃除で使用するわけですが、マットに溜まった砂を吸引してくれると期待したのですが全然駄目でした。

シートや周辺のホコリやゴミは吸引してくれますが、効果が今一つで失敗したと感じてる人が多いようです。

砂を吸うくらいのパワーであれば18Vタイプが必要のようです。

まとめ

マキタの掃除機で失敗したという人の意見を聞いてたり調べた結果がですが、ほぼほぼ合格だけど特定の一部だけ失敗したという感じでした。

特に多く挙げられたのが、吸ったゴミの処分で紙パックタイプのが良かったとか、サイクロン式にすれば良かったという失敗例です。

次に多かったのがわかっていたけどカーペットはゴミ吸わないねという失敗例です。

こちらは別売りでカーペット用のヘッドがあるのでそちらを利用すれば問題ないようです。

というようにマキタの掃除機はがっかりが少ない満足感の高い製品という事になります。

掃除機は長年使うものですから失敗しないものを選びたいですからその点に関してはマキタは鉄板といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました