PR

象印加湿器販売終了なぜ?2023年は買えるの?

加湿器の中では断トツ人気の象印加湿器。

象印加湿器が販売終了したって本当!?なぜ!?

原因や2023年象印加湿器は購入できるのか説明します。

象印加湿器2023年販売モデル一覧はこちら♪

EE-DD35(ホワイト・グレー)

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥24,000 (2024/07/16 22:20:31時点 Amazon調べ-詳細)

EE-DD50(ホワイト・グレー)

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥20,944 (2024/07/16 15:12:00時点 Amazon調べ-詳細)

EE-RS35(ホワイトのみ)

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥9,199 (2024/07/16 22:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

EE-RS50(ホワイトのみ)

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥15,980 (2024/07/16 22:20:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

象印加湿器販売終了なぜ?

象印の加湿器は毎年乾燥する季節になると絶大な評価で売れる家電です。

そんな製品が販売終了なんて…なぜ?

なんらかの不具合や危険性があるのでは?と勘ぐってしまいますが実際の真実は

売れすぎて店頭やネット店舗から在庫が消えた

という結果でした。

特にSNSのバズが一因となっており、

  • 他メーカーの加湿器よりも湿度の上がりが早い
  • エアコン要らずで部屋が快適
  • メンテが超楽でカビの心配無し
  • 湯を沸かす単純かつ効果的で最高!

というような内容のツイートや、投稿が多かったため象印の予想を超える反響の売れ筋だったようです。

至るところで販売終了となっていたため一部のユーザーが象印加湿器販売終了と勘違いしてしまったのが原因です。

なお2023年時点では家電量販店にも展示されており安心して購入できます。

2023年も在庫切れの可能性があるので早めの購入を

ここ数年猛暑続きの年は高い確率で極寒になる年が増えてきました。

しかも急に寒くなって飛び込み需要が一気に増える事も多くあります。

夏場であればエアコンや扇風機が店頭から一気に消えるなんてことも。

象印加湿器も同様で、店頭やネットでも在庫が消えるという事も無きにしも非ずです。

季節的もまだ余裕があるうちに買っておくのは間違いありません。

2023年象印加湿器はエディオンで在庫確認済

販売終了の噂ですが、あくまでも噂の証拠に2023年9月時点でエディオンで店頭販売されていまいた。

また2023年時の象印加湿器のパンフレットも配布されているので販売終了するという事はなさそうです。

象印さんも在庫切れにならないようにたくさん作ってもらいたいですね。

象印スチーム加湿器EEシリーズ販売終了なぜ?まとめ

象印加湿器販売終了したのはユーザーの早とちりからくる噂が事実でした。

あまりにも売れすぎたので象印さんも当時は相当焦ったのではないでしょうか。

企業としてもせっかくの商機を逃したくはないため在庫は潤沢にされているとは予想できますが、早めの購入をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました