PR

バルミューダ掃除機デメリットは吸わないと微妙な評判

日本のおしゃれな家電メーカーの一つにバルミューダがあります。

バルミューダは掃除機も販売されており「BALMUDA The Cleaner」としてブラック、ホワイトの2種類のカラーがあります。

こちらのバルミューダは掃除機デメリットが多いようなのでまとめています。

掃除機としてのスペックで購入するなら控えた方がいい、デザイン重視ならおすすめという製品です。

スポンサーリンク

バルミューダ掃除機デメリット

バルミューダ掃除機のデメリットを挙げると

  • 駆動時間が短い
  • 充電が長い
  • 生産地が中国
  • 価格が高い
  • サイクロン式のみ
  • ブラシが端にないので細かい掃除にむかない
  • 凹凸の多い家屋ではホバー機能は機能しない
  • 重い3.1kg(改善済み)
  • ヘッドが大きい
  • ローラーに毛が絡まって吸引力が減る

それぞれのデメリットについて解説します。

駆動時間が短い

運転時間が標準モード :約30分 強モード :約10分となっています。

一部屋程度であれば強10分以内の掃除で事足りるかもしれませんが、複数の部屋の掃除の場合は駆動時間が心持たないです。

普段からキレイにされている状態の家であればさっと30分程度で済むかもしれませんが、がっつりと大掃除の場合は向いてません。

充電が長い

フル充電まで約4時間かかります。

駆動時間の短さとさらに充電時間が4時間必要というのは、掃除を気軽にできるという気持ちを削いでくれています。

生産地が中国

日本国内のおしゃれな家電メーカーを謳っていますが、製品は中国で作られています。

最初から最後まで日本でやって欲しいという愛国精神がある方にとっては不評でしょう。

価格が高い

ハンディ掃除機であれば、同じタイプの製品ならハイスペック版が購入可能となっています。

アイリスオーヤマSCD-190Pは最長稼働時間120分の本体重量1.3kg、各種アタッチメント有りとなっています。

サイクロン式のみ

バルミューダの掃除機はサイクロン方式のみの販売となっています。

ユーザーによっては紙パック式じゃないと欲しくないという事もあります。

ブラシが端にないので細かい掃除にむかない

ヘッドの両端がブラシ非対応の部分となっており両端部分のゴミを吸ってくれないのがもどかしいです。

特に階段の掃除と両端が吸いきれずにゴミが溜まります。

凹凸の多い家屋ではホバー機能は機能しない

日本家屋のようなふすまや畳が多い凸凹が多い家だとホバー機能はあまり役立ちません。

また毛の長いラグマットの上でもホバー機能は役にたちませんでした。

重い3.1kg(改善済み)

BALMUDA The Cleanerが3.1kgとスティッククリーナーとしては重量が重い仕様でした。

BALMUDA The Cleanerの最新モデルBALMUDA The Cleaner Liteによって重量が2.1kgの軽量化に成功されています。

ローラーに毛が絡まって吸引力が減る

長い毛くずを吸い込むとロールブラシにからまりきちんと吸い込めないようになってしまいます。

特に長毛種の犬や猫を飼っている場合はこのような現象が頻繁し、掃除をその都度停止しロールブラシの掃除をする必要があります。

バルミューダ掃除機の悪い口コミ

バルミューダ掃除機の悪い口コミをピックアップすると

  • 電源がすぐに切れて2年と持たなかった
  • 故障率が高く1年半で動かなくなった
  • 重い
  • 吸わない
  • タイヤが吸引工より前についてるので毛がからみやすい
  • 吸わない割にうるさい
  • 値段の割に機能が弱い

値段の割には機能も微妙で、一応掃除機としては機能するという使用者としてはがっかりの評判が多くありました。

バルミューダ掃除機以外でおすすめハンディ掃除機

同じ程度の価格でバルミューダ掃除機以外のハンディ掃除機おすすめは

Dyson Omni-glide

created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥33,461 (2024/07/16 22:06:44時点 Amazon調べ-詳細)
  • 運転時間:最⻑25分
  • 質量:1.90kg
  • 特徴
  • ⾃由⾃在な操作性
  • 180°フラットに寝る構造
  • ボタン式スイッチ
  • 2つの吸引モードの切り替えが可能
  • 簡単に交換できる着脱式バッテリー
  • 簡単に取り外せて⽔洗いが可能
  • 衛⽣的で簡単なゴミ捨て機能
  • 0.3ミクロンもの微細な粒⼦を99.99%捕らえます17
  • ハンディクリーナーとしても使⽤可能

シャークCS651J

大き目なゴミも壁際のゴミも取り除く優秀ヘッド、フローリングからカーペットまでパワフルに吸い込む、髪の毛やペットの毛も絡まないつくりと同一価格であれば機能性は優れています。

マキタCL002GRDCW

40Vのバッテリー搭載で最大120分の稼働が可能、吸引力も高く壊れにくいマキタ仕様。おしゃれさは皆無ですがスティック掃除機としてはちゃんと吸うという機能を最大限可能としている掃除機です。

マキタ掃除機の魅力についてはこちらの記事にまとめてます。

まとめ

バルミューダの家電は見た目がおしゃれで部屋のインテリアの調和をもたらしてくれる白物家電では考えれられなかった点を良くしてくれているメーカーです。

ただしデザインを重視しており、機能面に関しては他の家電メーカーに劣っているのは事実です。

それでも全ての製品をバルミューダに変えることによって家全体が見違えるようにおしゃれになります。

デザインを取るか機能性を取るかはその人次第ですがファンとして試される一品です。

タイトルとURLをコピーしました